メニュー
close

保険のぎもんNAVI

保険の種類からコラムを探す

メディカルinfo

医療や病気についてコラムを探す

持病もあんしん

持病でも入れる保険のご注意点とポイントを解説

まずは無料相談
更新日:2019年5月13日

肝硬変について

肝硬変について

肝硬変とはウイルス性肝炎やアルコール性肝炎、その他の慢性的な肝臓病により、肝臓の細胞が破壊され続け、肝臓の中に繊維が増えて固くなり、肝臓の働きが果たせなくなった状態のことです。漢字で表す言葉のごとく、肝臓が硬くなり、見た目もでこぼこになります。

物質の生成や分解、排出、解毒、体液を一定状態に維持することに重要な役割を担っている肝臓は、沈黙の臓器ともいわれ、障害が起こってもなかなか症状が現れません。 肝硬変になっても、病状が進行しなければ白目や肌が黄色くなる等の症状は出ません。

この肝硬変の原因は大きく分けてウイルス性肝炎と脂肪肝です。肝硬変の合併症の一つに、肝臓がんが発生し易くなることがあります。 C型肝炎ウイルス約70%、B 型肝炎ウイルス約20%のウイルス性肝炎感染による肝硬変は約90%、飲酒によるものが約5~10%。 また最近ではNASH(非アルコール性脂肪肝炎)という、お酒を飲まない人が脂肪肝になることで発症する肝炎が肝硬変の原因の一つであることが分かってきました。 NASHは食べ過ぎや運動不足が原因です。生活習慣病と密接な関係があり、近年増え続けています。

肝臓の細胞の30%以上に中性脂肪がたまった状態が脂肪肝です。脂肪肝の多くは進行しない良性の病気と考えられていましたが、脂肪肝から肝臓に炎症が起きて脂肪肝炎を発症すると、肝硬変や肝臓がんに進む危険性があります。

ウイルスに感染しB型・C型肝炎になると20~30年かけて肝硬変、肝がんへと進みますが、慢性肝炎の段階で治療すると完治するケースも増えてきています。

B型肝炎は主に抗ウイルス治療で薬を使ってウイルスの増殖を抑えます。インターフェロンをはじめ、エンテカビル、ラミブジン、アデホビルピボキシルなどの薬が用いられます。 C型肝炎ではインターフェロンが治療の中心。最近では新しい治療法が登場しており、ペグインターフェロン・リバビリン併用療法が2004年に承認されてからは半数の人が治癒するようになりました。

肝硬変の治療には症状の有無で代償性肝硬変と、非代償性肝硬変の治療法があります。 代償性肝硬変で症状が出ないタイプの治療法は、薬やビタミン剤の服用、カロリーに配慮したバランスの良い食事等です。最近ではウイルス性の肝硬変に抗ウイルス療法などの原因療法が試みられています。アルコール性であれば禁酒が原因療法になります。

黄疸や腹水、脳症等の症状が出る非代償性肝硬変の治療法は肝性脳症や腹水、食道・胃静脈瘤などですが、いずれも症状を抑える対症療法が中心です。最近では肝移植も選択肢の一つになってきました。

親や配偶者が肝炎ウイルス保有者、1992年以前に輸血、血液製剤の投与、および過去に針治療を受けたことのある方はウイルスマーカー検査(血液検査)を早めに一度受けることをおすすめします。

また健康な方も年1回肝機能検査(血液検査)を、また血液・尿検査の数値が悪かった方や、飲酒機会が多く太っている方、近親者に肝臓病の人がいる方や肝臓を悪くしたことのある方は、画像検査(超音波検査、CT検査、MRI検査)を年1回、特に肝機能検査の数値が悪かった方はすぐに、検査を受けられることをおすすめします。 自覚症状を待つより、血液検査や画像検査等の検診を積極的に受け、早期発見に努めましょう。


  • 出典
  • 国立国際医療研究センター
  • 国立研究開発法人国立循環器病研究センター
  • 国立研究開発法人国立がん研究センター
  • 公益財団法人がん研究振興財団
  • 米国議会がん問題調査委員会「OTA」レポート -国際がん研究機関 出米国国立がん研究所

こんな記事も読まれています

保険のトータルプロフェッショナルが運営する「保険の選び方・保険の種類・保険で失敗したくない方のため」の保険相談&見直し情報サイト「保険のぎもんNAVI」です。保険やお金、医療、病気の話によくあるお悩みや疑問をわかりやすく解説します。
まずは無料相談